モビット 渋谷

だらしがないイメージ

だらしがないイメージ

 

お金を借りるという行為自体、いいと思いません。その人の人柄と借りられる金額によりますが、人柄がよい人は、高額な金額は借りません。せめて、三桁以内で収まるような金額を借りて、翌々日には返してくれます。しかし、多額な金額を借りる人は、金銭管理をできていないイメージ=だらしがないイメージを私は持ちます。自分のお金の管理さえできないのに、身の回りのこと、部屋の片づけがしっかりしているとは思えません。また、お金を借りることにより、崩れる人間関係もあります。もちろん、仲が良ければ快く貸せますが、返ってこなかった場合、その仲も当然崩れます。お金を頻繁に借りてくる人とは仲良くしたくありません。むしろ、縁を切りたい、と思う人は私だけではないはずでしょう。お金を借りることが発展すると、連帯保証人になってくれと言われることもあるかもしれません。お金を貸すことを断れない人たちの多くがこの交渉に承諾してしまう可能性があります。そうすると、自分の人生までもをそのだらしがない人によって崩されます。よって、私はだらしがないイメージをもちます。

 

返すつもりはないのでしょうね。

 

だらしがないイメージ

 

お金を借りる人の気が知れません。貸し借りは良くないし、あまり自分にとってもよい評判にはなりません。なるべく自分で何とかしてほしいです。甘えがあるのでしょうね。友達はそんなことしないので、その点安心できる相手で良かったです。あんまりそういう事をしていると友達もお付き合いしてくれなくなるので気を付けてもらいたいです。イメージとしては良くないです。借りられた人はいつまでも返さないと自分のお金なので思い続けていますでしょうし、そんなことするのはもうやめてしっかり働いてその働いた中で少しずつでも良いので貯えをすることです。そうすれば人から借りずに済みますし、何かあった時はやっぱりお金です。お金を貯めてみてください。たぶんそういう人は貯めていないと思います。その日が楽しければそれでいいという人ばかりでしょう。必ず自分で蒔いた種は刈り取らなければいけないカルマですので借りた人は必ずお金を借りた人に返して欲しいです。