モビット 渋谷

(自分のせいで)生活に困っている人

(自分のせいで)生活に困っている人

 

お金を借りる人のイメージということですが労働者で考えた場合、まず「借りる」状況として例えば電話料金・クレジット等すでに使ったお金の返金であったり、これから発生するであろうことが決まっている家賃・税金等の支払いの為「借りざるを得ない」といった場合、自身の金銭感覚が甘いのではないかと思ってしまいます。労働収入があるものとしてそれに対して最低限の生活費を支払い(使用料金等は支払いが1・2か月前後するものもあるが)差し引き後の金額が嗜好品・娯楽等に当てられるものと考えた時、その金額を超えてお金を使ってしまうということは「欲」を制御出来ていない人であると考えます。何かしらのトラブル等で突如一定の金額が必要になった。手持ちが無く止むを得ず借りることにした。といったパターンなども想定されると思いますが「蓄え」があれば対応出来る事もあると考えます。これも金銭感覚よるものかと。借りたお金を返済するにあたり利子がついて回ると思います。個人的な意見になりますが、このシステムが嫌いな私は払わなくてもいいものを余計に払っている「だらしのない人」とイメージします。

 

ソーシャルゲームにはまる社会人や主婦

 

(自分のせいで)生活に困っている人

 

最近は携帯電話端末といえばスマートホンが当たり前になり、常にスマートホンを持って行動することが多くなりました。今までゲームをあまりしなかった、成人や主婦が通勤時間や家事の合間を利用して短時間で楽しめるしソーシャルゲームにはまる人が増えてきています。いままでのゲームと違いソーシャルゲームはたくさんのプレイヤーと競い合うタイプのゲームが多く、お金をかけるほど人より強くなったり、たくさんのキャラクター(カード)を集めることができます。そうなるとあまり時間をかけられない人はお金をかけてガチャを引くようになり、ゲーム内イベントや期間限定イベントのたびにガチャを引きたい欲求を抑えられなくなります。自分の欲しいものが手に入るまで、課金を続け、自分のお小遣いを超えてまでカードでお金を使うようになると、次第に感覚がマヒし始め、欲求が満足するまでどんどんお金を借りてガチャをするようになってしまうようです。身の回りでもそのような人が少なからずいます。